読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安田のはてなブログ

サンフランシスコ・シリコンバレーでの投資活動を通して学んだこと、感じたことを書いてます。

Angel Listが発表したプラットホームのパフォーマンス

9月15日(木曜日)に、Angel Listが、同社のプラットホーム上で行われた投資のパフォーマンス(2013年に投資された分)を発表しました。IRRがなんと46%!つまり3年間毎年46%リターンが出ており、現時点で投資した金額が2.4倍に増えているということになります。ただし、ここでのリターンは、Unrealized Returnで、現金化されているワケではなく、各スタートアップの直近の資金調達時のバリューションをベースに計算したペーパー上のリターンとなります。

 

このIRR 46%が何を意味するかというと記事中にあった以下の図を参照ください。

f:id:mikihiro_yasuda:20160917144452p:plain

(参照元AngelList Returnsのページ

つまり彼らはトップ25%のベンチャーキャピタルの平均パフォーマンスよりも(ずば抜けて)良いということになります。もちろん、将来も同様のパフォーマンスを出し続けることができるかは未定ですし、最終的にリターンがもっと下がる可能性があります。CEOのNaval Ravikantも以下のインタビューで語っていますが、2015年にスタートアップのバリューションが高騰したので、一時的なラッキーもあったのかも知れません。

 

それでもAngelList上では、勝ち組スタートアップの資金調達が行われていると見て間違いないと思います。ちなみに、2013年に行われた投資先リストはこちら

 

では、なぜクオリティの高いスタートアップの資金調達ががAngelList上で行われているのでしょうか?

 

そのキーをNavalのインタビューも参考にしながら考えてみたいと思います。

(YoutubeのNavalインタビュー)

www.youtube.com

 

シンジケートリードへのインセンティブの最大化

 

これまでエンジェルは、自分が支援したいと思うスタートアップに対して、例えば25,000ドルを投資していたとします。AngelListを使うと、他の投資家からもお金を集め、例えば30万ドルを投資することができます。そして、投資先がうまくエグジットした場合は、成功報酬として投資利益の例えば15%を得ることができます。

上記の例で例えば、投資した時のよりも20倍の価値で買収された場合、25,000ドルを直接スタートアップに投資した場合のリターンが50万ドルとなり、一方シンジケートをして他の投資家とともに30万ドルを投資した場合は、1.35Mドルとなります。かなり大きな差ですね。

f:id:mikihiro_yasuda:20160917153530p:plain

参照元:AngelListのシンジケート説明ページ

 

もちろん、リターンを大きくする仕組みを提供していることはそれだけで魅力的ですが、AngelListは、シンジケートリードが同社のプラットホーム上で、シンジケートを組みやすくする仕組みをいろいろ用意しています。

 

シンジケートリードをサポートする仕組み

 

①投資家ネットワーク

AngelList上では、2013年以降425Mが投資されています。規模をより大きくするために、エンジェル投資家だけではなく、CSC UpshotというAngelListに特化した$400Mのファンドを誘致したり、自分たちでもAngelList上のトップ案件に投資を行うAccess Fundというファンドを立ち上げたりしています。これまでのAngelList上での案件サイズの39万ドルで、アーリー案件の資金調達の一部のみがAngelList上で調達されてきたと考えられますが、今後はより大きな金額でも、AngelList上で調達することができるようになるでしょう。

 

②ファンド業務の代行

ファンド業務に関わる面倒な法律上の手続きや他の投資家の税金申請用のペーパーワークなどの投資に関わる煩わらしい業務を全てAngelListにお願いすることができます。対価としてAngelListは、成功報酬の一部(キャリーの5%)を受けとります。ただし、AngelListは通常のベンチャーキャピタルのように管理報酬を受けとらないので、シンジケートリードがAngelListへの毎月の支払いを心配する必要がありません。

 

③プライベートディール

現在AngelList上での案件は全てプライベートとなっており、シンジケートリードが承認した人でないと案件の内容を見たり、参加したりすることができません。これによって、スタートアップは安心して自分たちの会社の情報をAngelList上に出すことができるようになりました。

 

スタートアップから見ても、最も自分たちの力になってくれるエンジェル投資家により大きなリターンを与えることができ、彼ら彼女らの力をもっと借りることができるようになるでしょう。さらに、AngelList上で調達できる額が増えれば、資金調達をより効率的に行うことができます。

 

AngelListのこれからの進化に目が離せませんね!!